断乳から約2カ月、娘&おっぱいの様子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コップでお茶を飲む赤ちゃんの画像

こんにちは。
本日は前回から1カ月を開けての5回目の母乳外来でした。
今回はおっぱいの最終確認のために受診をしました。

今回の記事では、断乳から約2ヶ月が経ってのおっぱいの様子と、娘の変化をまとめました。

ここ一カ月、母乳が溜まっていく感覚を感じることは一度もなく、もちろん張りを感じることもありませんでした。
確認のためにおっぱいに残っている母乳をしぼってもらいましたが、前回まで程は出てくることはありませんでした。
おっぱいの中にしこりなど悪いものが残っていることもないため、母乳外来は今日が最後ということになりました。

さて、断乳から2ヶ月が経ちました。
最近は朝まで一度も起きることなく寝てくれるのですが、暑さのせいかお布団を抜け出してしまうことが悩みです。
スリーパーなどを着せておいても自分で脱いでしまって、気が付いたらオムツ一枚になっていることも。。
明け方は冷えることもあるので、風邪を引いてしまわないか心配です。

そして、ママに甘えてくる状態も続いています。
泣いているときはママが抱っこするまではなかなか泣き止みません。
やはり、おっぱいという精神安定剤がなくなって不安な気持ちになっているのかな~と感じます。
口寂しいのか爪を噛むことがあって、少し気になっています。

食欲については、白米イヤイヤ期に入ってしまい期待するほど伸びていませんが、
牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品を取り入れながら様子を見ていけたらと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*