断乳後の娘&おっぱいの様子、断乳14日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断乳14日目。
最近の娘は、夜中に何度か目を覚まして愚図りはしますが、
わざわざ抱っこをしなくても背中をトントンしてあげたりママが隣で寝たふりをしていたりすれば、自分で再び眠りについて朝まで過ごすことができています。

期待していた食欲は目立って出てきたという感じはなく、ゆっくりと見守っていきたいと思います。

さて、本日は3回目の母乳外来でした。
前回受診してからは保冷剤で冷やすこともせず、食べるものも水分補給も特に意識することなく過ごしていましたが、あまり張りを感じることはありませんでした。
しかし、母乳外来で溜まっている母乳を出してもらったらフェイスタオル1枚がぐちゃぐちゃになるぐらいの結構な量が出てきました。
前回は絞ってもらうときにかなりの痛みを伴ったのですが、今回はだいぶ乳房が柔らかくなっていて痛みを感じることはありませんでした。
しかしながらまだ母乳の作られる量が多いようなので、次回は2週間後に受診することになりました。その次は1カ月開けて搾乳しておっぱいケア完了の流れになるのではないかと言われました。

次回受診までにおっぱいが張ってたまらなく痛くなってしまったら乳輪周りを搾乳するように言われましたが、なんとなく搾乳することなく乗り切れる自信があります。
しっかりと最後までおっぱいケアを受けて、約1年5カ月頑張ってくれたおっぱいをいたわってあげたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*