【大満足!】Softbank → UQ mobileに乗り換えてスマホ代が1,980円に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
UQモバイルに乗り換えレビューのタイトル画像

こんにちは。
突然ですが、スマホ代って高いですよね。
スマホ代が節約できると聞き、前々から興味を持っていた「格安SIM」。

6月にMNP(ナンバーポータビリティ)を利用して
Softbank → 格安スマホ「UQ mobile」に乗り換えました。
その結果、毎月8,000円近くかかっていたスマホ代を月額1,980円に節約することができました!

今回の記事では、私がUQ mobileに乗り換えようと決意した理由と、
約2カ月使ってみての感想などを紹介いたします。

実は「格安SIM」に躊躇していました

「格安SIMに乗り換えると、スマホ代が安くなるらしい」
そんな情報はずいぶん前から耳にしていて、ずっと気にはなっていました。

しかしながら、

  • 繋がりにくいんじゃないか?
  • 設定が難しそう
  • キャリアと違って、サポートが受けられないのでは
  • iPhoneを使い続けたいんだけど……(←重要!)

なんていう不安から、ずっと乗り換えを躊躇してきました。

最近、家の近所にオープンしたので、話だけでも聞きに行ってみたら、
スーッと不安が晴れて翌週の土曜日には「UQ mobile」デビューをしてきました。

「UQ mobile」に乗り換えたワケ

通信速度が格安SIMでトップクラス

「UQ mobile」はau系の回線を利用しており、
エリアは全国区でつながりやすく、
通信速度についても、どの時間帯でもキャリアに引けを取らない高速環境を保っているそうです。

『auが繋がるところなら、UQ mobileも繋がります!』という店員さんの力強い一言に後押しされました。

販売店舗がある手軽さ+安心感

私が格安スマホへの乗り換えに躊躇していた大きな理由の一つが、
格安スマホによくある
「インターネットで申込 → 自分でSIMカードを差し替える」
という作業をちゃんとできるのか不安を感じていたことにありました。
もしも上手にできなかったら、
しばらくスマホが使えなくなってしまうのではないかと恐れていたんです。

しかし、UQモバイルは格安スマホでありながら販売店舗があり、
店員さんが購入した機種を実際に使える状態(SIMカードが刺さった状態)にして渡してくれます。
しかも「UQ安心サポート」なるUQモバイルの設定方法や使い方を
電話サポートしてくれるオプションサービスが2カ月無料(月額料金350円/月)!
格安スマホデビューも安心ですね。

節約モードならどれだけ使っても「データ消費ゼロ」

これまで使っていたスマホでは、
毎月の利用データ量が所定データ量を超えた際に送受信時最大128kbpsまで低速化されてしまいました。
低速モードの経験を何度かしましたが、WEBページの閲覧すら満足にできず苦痛でした。
もちろん外でカーナビ替わりには使えない状態です。

UQモードでは、自ら選んで「節約モード」と「高速モード」とを切り替えることができます。
しかも「節約モード」を選んでも送受信時最大300kbpsまで出ます。
この違いは大きくて、LINE、SNSやWEBページの閲覧などは問題なく行うことができます。
(画像の読込みには多少時間が掛かりますが、、、)

私は普段はずっと「節約モード」を利用していて、
出先でカーナビ替わりに使いたいときや写真を転送したいときのみ
「高速モード」に切り替えるようにしています。

UQモバイル通信モード変更

そんな使い方のためか、私の契約しているデータプランは
 最大2GB = データ高速(1GB)+2年間は1GBサービス
のプランですがもともとついている1GB内のデータ使用にとどまっています。

UQモバイルの利用料金

UQモバイル価格一覧

UQコミュニケーションズより引用(http://www.uqwimax.jp/plan/mobile/talk/)

UQモバイルの基本となるプランはとてもシンプルで、

  • プランS :1,980円(データ容量最大2GB(2年間))
  • プランM :2,980円(データ容量最大6GB(2年間))
  • プランL :4,980円(データ容量最大14GB(2年間))

の3プランが用意されています。

そして、通話については

  • ぴったりプラン :無料通話
    (プランS=60分/プランS=120分/プランS=180分(2年間))
  • おしゃべりプラン :5分以内の国内通話が何度でも無料

のどちらかから、ご自身の利用傾向に合わせて選択をすることができます。
※こちらの通話に関するプランは、毎月変更が可能です。

私が実際に支払っている月額利用料

参考までに、私が実際に支払った7/1~7/31の月額利用料を紹介します。
前提として私の契約内容は以下の通りです。

  • プランS + ぴったりプラン
  • 端末購入アシストを利用しiPhoneSE(16GB)を購入
  • オプション: AppleCare+ for iPhone(端末保証)

UQモバイルの実際の請求金額
私の場合、通話が無料通話分を超過しない限りは、≪毎月3,797円≫ を支払うことになります。
(ちなみに通話料金は、20円/30秒)
こちらの金額は、端末料金の実質負担額、毎月1,000円(適用開始月の翌月から24カ月)を含んでの金額です。

元々Softbankを利用していた頃は毎月8,000円くらい払っていたので、
スマホ代が半分になって、しかも新品のiPhoneSEが手に入って、
とってもお得だな~と感じています。

端末購入アシスト+端末保証がない方でしたら、
≪1,980円≫(+ユニバーサル利用料3円+税)でご利用いただけます。

頭においておかなければならない注意点

こちらの月額利用料は、
 ・スマトク割(-1,000円)
   ※課金開始月を初月として25カ月目まで → 26カ月目以降は長期利用割引(-1,000円)が適用
 ・イチキュッパ割(-1,000円)
   ※課金開始日を含む月を1カ月目として13カ月間
の2つの割引が適用されての金額です。
つまり、契約から1年後には月額利用料が≪1,980円 → 2,980円≫にアップします。

それに加えて、
データ容量についてもデータ増量キャンペーン(課金開始日を含む月を初月として25カ月目まで)が終了してしまうと

  • プランS :データ容量最大2GB → 1GB
  • プランM :データ容量最大6GB → 3GB
  • プランL :データ容量最大14GB → 7GB

へと半減します(無料通話の時間も半減……)。

う~~~ん……。
2年後にはまた乗り換えですね(笑)
でもよく考えてみると、今のスマホ事情は2年前には考えられなかったわけで。
きっと2年後には新しいサービスが出てきていて、
どちらにしても乗り換え時なんだろうなと思っているのであまり気にしていません。

まとめ

実際の使用感についてですが、
今まで使っていたスマホとなんにも変わりません。
繋がりにくいな~~と感じたことも今のところ一度もありません。

反対に「節約モード」と「高速モード」を切り替えられるメリットが私にとっては大きいです。
「節約モード」を選んでも送受信時最大300kbpsまで(Softbankでは128kbpsまで)出るので、
普段LINE、SNSやWEBページの閲覧をする分には十分で、データの消費を気にすることなく使いたい放題!
この「節約モード」と「高速モード」の切り替えは、UQモバイルならではだと思うので、とってもオススメです。
気になる方は是非チェックしてみてください!

▽お申込みは、WEBからがお得!▽
下記サイトからの申込で、現金最大25,000円キャッシュバック!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*