【トイトレ:STEP2】トイレトレーニングの前に!お子さんのおしっこの間隔を知ろう【記入用紙ダウンロード有】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
おしっこ・うんちの間隔をチェックするシート

こんにちは。
我が家のトイレトレーニングは、まだまだ準備段階。
トイレトレーニングを始める前にお子さんのおしっこの間隔を知る必要があるそうです。
今回の記事では、筆者が作成した「おしっこ・うんち記録表」を無料公開しております。

なぜおしっこ・うんちの間隔を把握しなければならないの?

前回の記事にも記載した通り、トイレトレーニングを始めるタイミングとしては、

  • 一人歩きができること
  • おしっこの間隔が2~3時間空いていること
  • 自分の気持ちを言葉や仕草で伝えられること

の3つを満たしていることが必要と言われています。

おしっこの間隔が長くなるというのは、膀胱の容量が増えてきたということ。膀胱が大きくなれば、トイレに行くまでおしっこを我慢できます。
そのため、おしっこの間隔が2~3時間空いていることが、トイレトレーイングを始めることができる体に成長していることを判断する基準となっているそうです。

しかし、普段オムツをしているお子さんですと、おしっこの間隔なんて、あまり意識していませんよね。(あれ?もしかして、私だけでしょうか?)
そのため、おしっことうんちの記録表を付けることがオススメです。

「おしっこ・うんち記録表」の付け方

朝起きたらまずはオムツを替えると思います。
それ以降、1時間起きにオムツをチェックして、オムツが濡れていないか確認をします。
おしっこをしていたらオムツを替えて、また1時間後にチェック。
これを2~3日ぐらい続ければ、お子さんのおしっこの間隔を知ることができます。

toilet-training-pre

「おしっこ・うんち記録表」に記入しておけば、
のちのちトイレトレーニングをする時にトイレに誘うタイミングの参考にもなると思います。
おしっこの間隔をチェックするのと合わせてうんちの出るタイミングを記入すれば、お子さんの排泄のタイミングも把握することができます。

また、もじもじする・固まる・ものに隠れるなど、その子なりのトイレのサインがないか、探しておくといいでしょう。

「おしっこ・うんち記録表」の無料ダウンロードはコチラから

自分で利用するために作っただけなので、本当に簡単な記入用紙ですが、よろしければご自由にお使いください!
ダウンロードはコチラから

トイレの間隔を把握するための用途だけでなく、
実際にトイレトレーニングを始めてからご褒美のシールを貼る台紙としても活用できるかな~と思っています。
実際に自分で使っていく中で、より使いやすい形に改良していくつもりですのでご期待ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*