【トイトレ:STEP1】興味を持たせる、絵本や音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
うーたんの声でトイレトレーニングをサポートするおもちゃ

1歳7ヶ月の娘のトイレトレーニング。
まずは絵本や音楽などでトイレに興味を持ってもらう所から始めています。
今回の記事では、我が家で購入したトイレトレーニングアイテムやトイレトレーニング絵本を紹介いたします。

トイレトレーニングアイテム

大好きな「いないいないばぁ」のメロディで楽しくトレーニング

娘は「いないいないばぁ」が大好き。
いないいないばぁのトイレトレーニングおもちゃを購入しました。
左側のワンワンのボタンを押すと、
ワンワンの声で「うーたんと一緒に、ちっちしよう!」と誘いかけた後に、「トイレでスー」のメロディが流れます。
image
♪:ちっちしてスー!スー!
というメロディに合わせて、娘も「スー」と言いながら身体を震わせている姿が可愛らしいです。

1歳児にもオススメのトイレトレーニング絵本

トイレトレーニング用の絵本を探すと、2〜4歳児向けの文字の多い絵本が多いです。
1歳児のうちからトイレトレーニングの準備を始めたいとお考えの方に、
1歳児でも読みやすいトイレトレーニング絵本を紹介いたします。

ノンタン おしっこしーしー

「ノンタン 赤ちゃん版」シリーズの一冊。
ぶたさんは、おむつで。たぬきさんは、おまるで。くまさんは、トイレで。
いろんな動物たちが「しーしー」とおしっこをする様子が可愛らしく描かれています。
とにかく、「しーしー」という言葉が繰り返し出てきます。
子どもは繰り返しの言葉が好きですよね。「しーしー」を覚えて、教えてくれるようになると良いなと思います。
個人的には、ノンタンがおしっこを失敗してしまうところが好きです。
ノンタンと一緒に、次は頑張ろう!という前向きな気持ちにしてくれると思います。

ひとりでうんちできるかな

娘が大好きな、きむらゆういち(著)の仕掛け絵本シリーズの一冊。
いろいろなキャラクターが一生懸命ウンチをする様子がかわいらしくて面白いです。
おまるに座って「う~んう~ん、出た~!」
うんち、その後の手洗いなどの習慣を楽しく学べます。
キャラクターごとにウンチが違っていて、娘は絵本をのぞき込みながらケラケラ笑って喜んでいます。

あけて・あけてえほん といれ

「といれさーん」(便座のふたがあく)
「おまるさーん」(補助便座がとりつけられる)
「よいしょっと」(座る)
「うんちさーん」(でたー)
「みずさーん」(じょぼぼぼー)
文字の少ない簡単な絵本ですが、お返事「はーい!」が好きな娘は絵本に合わせて一緒にお返事しながら、とても楽しそうにしています。
とてもかわいらしく描かれているので、「トイレ=楽しい場所」というイメージ作りに最適だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
トイレトレーニングというとどうしても「しつけ」と考えてしまいますが、絵本などを取り入れながら楽しく進めていければと思っています。
我が家はまだ本格的なトイレトレーニングは始めていませんが、
娘はトイレに行くのが楽しいようなので、最近はオムツ替えはトイレで行うようにし、(嫌がらなければ)オムツをとった状態で補助便座に座らせています。
これから、どのようにトイレトレーニングを進めていこうかは考え中。
また、我が家のトイレトレーニングの近況記事も公開できればと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*