断乳後の娘&おっぱいの様子、断乳14日目

断乳14日目。
最近の娘は、夜中に何度か目を覚まして愚図りはしますが、
わざわざ抱っこをしなくても背中をトントンしてあげたりママが隣で寝たふりをしていたりすれば、自分で再び眠りについて朝まで過ごすことができています。

期待していた食欲は目立って出てきたという感じはなく、ゆっくりと見守っていきたいと思います。

さて、本日は3回目の母乳外来でした。
前回受診してからは保冷剤で冷やすこともせず、食べるものも水分補給も特に意識することなく過ごしていましたが、あまり張りを感じることはありませんでした。
しかし、母乳外来で溜まっている母乳を出してもらったらフェイスタオル1枚がぐちゃぐちゃになるぐらいの結構な量が出てきました。
前回は絞ってもらうときにかなりの痛みを伴ったのですが、今回はだいぶ乳房が柔らかくなっていて痛みを感じることはありませんでした。
しかしながらまだ母乳の作られる量が多いようなので、次回は2週間後に受診することになりました。その次は1カ月開けて搾乳しておっぱいケア完了の流れになるのではないかと言われました。

次回受診までにおっぱいが張ってたまらなく痛くなってしまったら乳輪周りを搾乳するように言われましたが、なんとなく搾乳することなく乗り切れる自信があります。
しっかりと最後までおっぱいケアを受けて、約1年5カ月頑張ってくれたおっぱいをいたわってあげたいです。

川崎病、体験記(入院7日目~退院まで)

川崎病発症11日目のBCG痕の様子

こんにちは。
娘は、1歳3ヶ月の頃に川崎病と診断され、入院することになりました。
こちらの記事では、娘の入院中の様子をいくつかの記事に分けてまとめます。

入院7日目:発症11日目

今日も検査は無く、のんびりと過ごしました。
このまま何も起こらなければ、明日の血液検査・心エコー・心電図の検査後、夕方にも退院できるそうです。
そんななか、やっと病院に慣れたのか、夜中3回ほど起きつつも21時〜朝まで寝てくれました。

娘の様子

心配していた熱も上がることはなく、平熱で過ごせました。
BCG痕の皮もさらに激しく剥けてきて痛々しいです。退院したら保湿してカサカサを治してあげないと……。
image
手足の皮はまだ剥けていませんが、γグロブリン投与から2週間以内に剥けてくるそうです。
食欲はすっかり回復し、ご飯は毎食ほぼ完食。たぶんお家にいる時よりもたくさん食べています。

入院8日目:発症12日目

午前中に血液検査、午後に心エコー・心電図の検査を受けました。
しかし、15時過ぎに突如発熱。
おそらく川崎病の再発ではなくてただの風邪とのことですが、風邪薬を飲ませて1日様子を見ることになりました。

検査結果

《血液検査の結果≫

  • CRP(正常値0.0-0.3):13.3 → 7.9 → 2.4 → 0.6
  • 白血球数(正常値3000-9000):17640 → 10510 → 7750 → 7330

CRPの値もほとんど正常な値となりました。身体の腫れも見られないので、今後は血液検査の必要はないそうです。

心臓のエコー、心電図の検査もともに異常はありませんでした。
すぐに退院しても大丈夫、とのことでしたが、発熱が心配で1日だけ延ばしてもらいました。

娘の様子

この日も食欲旺盛。完食してくれると嬉しくなります。
午前中はプレイルームで遊んでいましたが、午後以降は発熱もあってベッドの上で過ごしていました。
ベッドの上でも元気いっぱい!いないいないばぁはのDVDを見ながら踊っていました。
気になる発熱も20時頃には37.1°Cまで
下がり、これなら無事明日退院できそうです。

入院9日目(退院!):発症13日目

熱も落ち着いているので、退院です!
退院後の初診は3日後に受けることになりました。
アスピリンの服薬は、3ヶ月後の6月まで続けます。その後も発症5年後までは定期検診を受けることになると説明を受けました。
川崎病とは長い付き合いになりますが、とりあえず回復して良かったです。

娘の様子

朝ごはんは完食。これから退院です。
BCG痕の皮の剥がれ部分は、少し赤みが引きました。
image
久しぶりの外着を着せたら何かを察したのか、とてもご機嫌になった娘。
慣れない病院でたくさん頑張ってくれてありがとう。お家に帰ろうね。
元気になってくれて、本当によかった!

まとめ

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
誰かの役に立つのかはわかりませんが、
残していたメモ書きから当時を思い出して少し泣きながら書きました。本当に辛そうだった娘が、治療を通してどんどん元気になっていって、本当に安心しました。

川崎病は治る病気です。
今の医学では治療法も確立していて、後遺症も残りにくいです。
これからも上手く川崎病とつきあっていきたいです。

川崎病、体験記(入院4~6日目)

川崎病発症10日目のBCG痕の皮が剥がれた様子

こんにちは。
娘は、1歳3ヶ月の頃に川崎病と診断され、入院することになりました。
こちらの記事では、娘の入院中の様子をいくつかの記事に分けてまとめます。

入院4日目:発症8日目

引き続き、ソルデム(ブドウ糖・塩化ナトリウム・L-乳酸ナトリウム)の点滴と、アスピリンの服薬は行っています。
===
アスピリン 270mg
1日3回に分けて、毎食後に服用
===
冠動脈瘤ができやすいとされる、発症7〜10日目に差し掛かったので、
夕方にエコー検査と心電図の検査が予定されていましたが、明日に延期になってしまいました。

娘の様子

唇やBCGの痕の腫れがだいぶ引いてきました。
image
ベッドの上での動きも激しくなってきたので、病棟のプレイルームで遊ぶことにしました。
そこで驚いたのが、しばらく歩いていなかったためか、支えなしに立ち上がれなくなっていたことです……。たくさん遊んで、筋力も取り戻さないとね。
食欲はまだ戻らず、出されたご飯の2割程度しか食べられない状態。水分もおっぱい以外はあまり取れていません。

入院5日目:発症9日目

朝、ソルデムの点滴の針を自分で抜いてしまい、それを機にソルデムなしで頑張ることに。ママとしては脱水が心配ですが、点滴が完全に外れて身軽になった娘は嬉しそうでした。

この日は、午前中に血液検査と午後1時からエコー検査と心電図の検査を受けて検査尽くしの1日でした。
そして、経過が良いので、アスピリンの服薬は1日1回に、1回あたりの薬の量も減りました。
===
アスピリン 40mg
1日1回、朝食後に服用
===

検査結果

≪血液検査の結果≫

  • CRP(正常値0.0-0.3):13.3 → 7.9 → 2.4
  • 白血球数(正常値3000-9000):17640 → 10510 → 7750

白血球数は正常範囲に入りました。CRPの値はまだ正常よりは高いですが、グンと下がりました。
だいぶ炎症が治まってきたことが数値からも分かります。

心臓のエコー、心電図の検査もともに異常はありませんでした。
3日後に再び一通りの検査(血液、心エコー、心電図)を受けて異常がなければ無事に退院できるそうです。

娘の様子

朝ごはんは好物が出たので半分くらい食べられました。
しかし、お昼ご飯以降はなかなか食べられず、水分もあまり取れていないので心配です。
心エコー検査の時には娘を眠らせないといけないのですが、睡眠導入のシロップや座薬を使ってもなかなか寝てくれなくて大変でした。
しかし、検査後は薬も多少残っていたのかしっかりとお昼寝をしてくれたので、ママも少し横になれました。
夜になると相変わらずグズグズしてしまうため、プレイルームで遊んでいました。夜中2時ぐらいまで遊んだら疲れたようで、朝まで抱っこのままの状態で寝かせてあげました。
退院も近いので無理に慣れさせようとせず、娘のペースで生活すれば良いのかなと思っています。

入院6日目:発症10日目

今日明日は検査はありません。
パパもお仕事がお休みの日なので、会いに来て娘と遊んでくれています。
その間にママはベッドに横になって寝ます。。

娘の様子

急に食欲が出てきて、ご飯を半分以上食べられるようになりました。
プレイルームをよちよち歩き回っていて、少しずつ筋力も戻ってきたようで安心しました。
BCGの痕の皮がめくれ始めました(γグロブリンの効果が表れると、川崎病で腫れた部分の皮がはがれます)。
image
見た感じかゆそうで可哀想ですが、良い変化なのでうれしいです。
夕方18時頃に、熱が一度37.5まで上がってしまいました。37.5℃以上の熱が続いてしまうと入院は延長です。これ以上、熱が上がらないことを願っています。

川崎病、体験記(入院1〜3日目)

川崎病発症5日目の唇、手足、耳の腫れ

こんにちは。
娘は、1歳3ヶ月の頃に川崎病と診断され、入院することになりました。
こちらの記事では、娘の入院中の様子をいくつかの記事に分けてまとめます。

入院1日目:発症5日目

娘の入院が決まり、病棟に移動したのは夜22時ごろでした。
治療は翌朝からかと思いきや、直ちにγグロブリンの点滴が始まりました。
===
献血ヴェノグロブリン IH5% 2.5g(150ml)
約24時間をかけて、7本を投与
===
γグロブリンの投与中はモニターを付けて心拍数・呼吸量などを常に監視していきます。
娘の場合、軽度の脱水が見られたので、
ソルデム(ブドウ糖・塩化ナトリウム・L-乳酸ナトリウム)も同時に点滴をすることになりました。
また、アスピリンの服用も始まりました。もともと飲ませていた抗生物質は飲ませないことになりました。
===
アスピリン 270mg
1日3回に分けて、毎食後に服用
===

娘の様子

依然として39°C台の熱が続き、ぐったりとしています。
泣き声もか細く、起き上がる元気もありません。点滴もジッと我慢していました。
唇が切れて血が滲み、手足や首のリンパ腺が少し腫れていましたが、娘は手足やBCGの腫れはあまりひどい方ではなかったと思います。
image
時折グズってはおっぱいを与えて夢の中に、をずっと繰り返していました。

入院2日目:発症6日目

あんなに下がらなかった熱が、朝には37.3°Cまで下がっていました。午後になると平熱の36.8°Cまで下がり、その後は上がることはなかったです。
この日は現時点で冠動脈瘤ができていないか確認をするために、心臓のエコーと心電図の検査を受けました。
γグロブリンの点滴が、24時前に終わりました。

検査結果

心臓のエコー、心電図ともに異常はありませんでした。とりあえず一安心です。

娘の様子

あんなにぐったりとしていた娘が、熱が下がったおかげで起き上がって一人座りできるようになりました。
点滴のチューブで遊び始めてしまって少し困りますが、遊ぼう!と思えるくらいに回復したことが嬉しくて涙が出そうです。
ただ、食欲はなくて水分もほとんど取れていません。母乳だけは飲んでくれています。ゆっくり良くなってくれればと思います。
夜になると、唇はまだ腫れていますが、手足の腫れは引いたように感じます。

この晩は、慣れない入院生活で、一晩中泣き続けていました。
γグロブリンの点滴が終わってからは、娘を抱っこしてずっと病棟内を歩き回っていました。

入院3日目:発症7日目

γグロブリンの点滴は終わりましたが、水分がほとんど取れていないのでソルデムの点滴は続けることになりました。
でも、γグロブリンの点滴が終わりモニターが取れた分少し身軽です。
熱は37.2℃でした。
この日、2度目の血液検査を受けてγグロブリンの効果を見ました。

検査結果

≪血液検査の結果≫

  • CRP(正常値0.0-0.3):13.3 → 7.9
    → 炎症や組織細胞の破壊が起こると血清中に増加するタンパク質
  • 白血球数(正常値3000-9000):17640 → 10510
    → 増加は炎症や細菌感染、減少は体の防御反応

まだまだ数値は高いですが、前回よりはだいぶ下がりました。
この結果から、γグロブリンの点滴の効果が表れていると判断できました。

娘の様子

昼間は機嫌よくベッドの上で遊んでいました。
1口、2口、少しずつですが、食べられるようになりました。おっぱいは欲しがるだけあげています。
泣き声が大きくなり、看護師さんや医師を嫌がって暴れる力が戻りました。
入院中は回診やバイタルチェック、ベッド掃除、ゴミ回収などでベッドに近づいてくる人が多く、その度にギャン泣きをするので大変です。
昼間は眠そうにしているのに寝かそうとすると泣いてしまい、ほとんど昼寝もできていなかったため、夜19時前に夢の中へ。
でも23時前には起きてしまい、明け方まで抱っこしていると寝るのに、降ろすと泣いて起きるの繰り返し。諦めて抱っこ紐で抱っこしたまま少しだけママも休みました。

SPONSORED LINK

「脱水」のサインと対処法

ぐったりとした子ども

お子さんが発熱をした時、一番心配になるのは脱水症状だと思います。
病院に連れて行っても「食べ物は無理に食べなくてもいいけれど、水分補給だけは気をつけてください」と言われます。
しかし、発熱時のお子さんは食べるのも飲むのも嫌がって、満足に水分を取れません。
母乳をあげていた時は、体調が悪い時もおっぱいだけは飲んでくれたので良かったのですが、断乳をした以上、より気を付けていかなければなりません。

これからの季節はどんどん暑りますので、お子さんは脱水になるリスクが高まります。
今回の記事では、お子さんの「脱水」についてまとめたいと思います。

人は水でできている

赤ちゃんは、身体の約80%が水分なのだそうです(大人は約60%)。
普通に生活をしていても、発汗や呼吸で気付かないうちに身体の水分は失われてしまいます。そのため、食べたり飲んだりして水を補給し、過剰に取り入れた水は尿として排泄をします。

身体の水分の2~3%が失われると、強いのどの渇きという【注意報】を感じ、
身体の水分の4~5%が失われると、疲労感・頭痛・めまいといった【警報】が出てきます。
つまり「のどが渇いたな~」と感じるときは既に“脱水の注意報”が出されている状態なのです。

脱水症状の特長

そんな身体にとって大切な水分ですから、病気などでお子さんが水分を取ってくれないと、すごく心配になりますよね。
お子さんが脱水症状になっていないか、観察するポイントを紹介します。

  • 機嫌が悪くなる
  • 泣き声が弱くなる
  • おしっこの量が減少した
  • 顔や身体に熱をもっている

脱水症状は「様子見」をしていたら、どんどん悪化をしていきます。
普段世話をしているママが「なんだかいつもと違うな」と感じたらすぐに対処しましょう。

もし、下記の症状が現れたら、重度の脱水症状の可能性があります。
夜間や休日であっても、早急に医師の診察を受けてください。

  • 目がくぼんで、虚ろな表情をしている
  • 肌がカサカサしている
  • 泣き声がでず、涙もでない
  • おしっこが出なくなり、汗もかかない
  • 嘔吐や下痢を併発している

脱水セルフチェック

上記の症状はまだ現れていなかったとしても、お子さんが水分を取ってくれないととても心配ですよね。
そんな時に手軽にできる脱水セルフチェックがあります。
それは、人差し指で親指の爪をギュッと握って白くして色が戻るまでの時間を確認する方法です。

【色が戻るまでの時間】
瞬時〜3秒かかる:正常の範囲内(病院に行く必要はない)
3、4秒かかる:脱水状態(病院に行く必要がある)
4秒以上:重度の脱水状態(救急車などで、直ちに病院に行く)

私は娘が発熱して水分が取れなくて心配になった時にはこの方法を試します。
爪の色が瞬時に戻れば、まだ脱水にはなっていないと分かり、少し安心ができます。

脱水時の対処方法

涼しい場所に移動し、身体の熱をとる

まず、暑い場所にいる場合には、涼しい場所に移動します。換気をして、ある程度涼しい風をあてると良いでしょう。
お子さんの身体が熱をもっている場合には、脇の下・首すじ・足のつけ根などを冷やします。
高熱で辛そうにしている場合は、解熱剤を利用すると良いと思います。

水分補給をこまめに

お子さんが飲みやすい水分を、欲しがるだけ与えてください。
できれば発汗などで失われた塩分の補給ができるように、赤ちゃん用のイオン飲料が望ましいです。

しかし、飲むのを嫌がる場合もありますよね。
我が家では、どうしても飲むのを嫌がる時はスポイトを使って無理やり飲ませることもしばしばです。
仕上げ磨きの時のようにお子さんを膝の上に寝かせ、舌を目がけて1回あたり1ml程度の水を流し込んでいます。
※ 喉の奥に水を流し込んでしまうとむせてしまうことが多いです。

どうしても上手に水分補給できない時には、唇を湿らせるだけでも効果があるそうです。

なお、下痢や嘔吐がある場合には、あわてて飲ませると飲ませた分だけ吐く回数が増えてしまいます。
そのため、水分を一気に摂らないで少しずつ慣らしていきましょう。

まとめ

お子さんが体調を崩したとき、病院に連れまわすのも良くないし、でも、どのように対処したらよいか分からないし、ママは戸惑うことばかりだと思います。
焦って病院に連れていって「そんなすぐに連れてくる必要のある状態ではない」と医師に怒られたことがある方もいるのではないでしょうか。
でも、私はママが安心するために病院に連れていくことは間違っていないと思います。
いろいろな方法を試してみて、それでも不安が消えない場合には、自信を持って病院に連れていきましょう。

再び母乳外来のおっぱいケアに、断乳7日目

断乳7日目。
娘は昨晩は夜中1時と4時に目を覚まして泣き出してしまいました。
抱っこしたら少し落ち着いて、おろした後はママの布団に潜り込んできて、
しばらくグズグズした後に静かに眠りにつきました。

これから、連続して眠れるようになるのか、
それとも、夜泣きが始まってしまうのか、どちらに転がるのか気になるところです。

さて、昨日は二回目の母乳外来でした。
前回受診してからはずっと保冷剤で乳房を冷やし続けていました。
そのこともあってか、強く張ることはなく乗り切ることができました。
今日の母乳外来では溜まっている母乳を再度すべて出してもらいました。
ほとんど溜まっていないつもりだったのですが、実際に絞ってみたら結構な量が出てきて、来週も一度受診することになってしまいました。
でも、今しっかりケアしておくことが大切だと思うので、しっかりと通っておきたいと思います。

ワンコインのスキル・マーケット【ココナラ】

MacBookAir

ココナラというサービスをご存知でしょうか?
実は、当ブログのプロフィール画像もココナラを利用して描いてもらいました。

ココナラの中には、ママにとっても嬉しいサービスがいっぱいです。
今回の記事では、ココナラについてまとめたいと思います。

ココナラとは?

ココナラは、みんなの「得意(経験・知識・スキル)」を売り買いできるオンラインマーケットです。
占いができる人、似顔絵が得意な人、人生相談やカウンセリングの専門家など、それぞれが自分のできることをサービスとして出品しています。

ココナラの特徴

  1. 気軽に使える、ワンコイン
    → サービスは500円から。なかには【お試し無料】で出品されている商品も
  2. 安心・安全
    → 決済や売上の受け取りは、サイトが仲介するので安心です。万が一トラブルが起きてしまった場合も、お問合せ窓口が用意されています
  3. 匿名可
    → サービスのやり取りは全て1対1の非公開。匿名でも利用できます

※【お試し無料】とは?
出品者が料金を設定して出品する前に、やり取りの経験を積むためサービスを無料で出品しているケースがあります。

扱うサービスの例

ここでは、ココナラに実際に掲載されている、ママにとって嬉しいサービスの一例を紹介します。

  • 「占い」で持って生まれた子供の性格(才能や興味の方向性)を知り、個性を活かした子育てをしましょう。
  • 乳幼児の子育てでお悩みの方へ!0歳と3歳の二児の母であり、元看護師、現役保健師がお悩みお聞きします!
  • イヤイヤ期の子どもにイライラしてしまうママへ、子どもと話あう子育て法、教えます。
  • 赤ちゃん・お子さんをかわいいイラストに♡

日々も生活に役立つものから、記念に残るものまで、
とても素敵なサービスがいっぱいで、とてもワクワクしてしまいますよ。
対企業ではないため、出品者自身も子育てを経験したママの場合も多く、ママの気持ちが分かっているからこそ温かいサービスを受けられる点もオススメです。
“サービスを探す”から、是非一度検索をしてみてください。

紹介コードの入力で300ポイントをプレゼント♪

ココナラに興味を持っていただけましたでしょうか?
コチラの紹介コードを入力いただくと、サービス購入時に使える300円分のポイントを獲得できますので、よろしければご利用ください。

  >>会員登録はコチラから<<
  >> 紹介コード: vcnrb <<

私が感じた「断乳」のポイント(断乳5日目)

ママの手を握る赤ちゃんの小さな手

断乳5日目。
この日も夜中起きることはなく、おっぱいを求めて泣くこともなくなったので、断乳は完了です。
日記形式の記録は終わりとし、私が感じた「断乳」についてまとめたいと思います。

「断乳」はママも大変!

私はこれまで、多少おっぱいが張ることはありましたが、乳腺炎になったことはありませんでした。
そのため、断乳を意識したときに気になるのは娘のことばかりで、自分のおっぱいケアについてはあまり考えられていませんでした。
断乳をした時の乳房の張りは本当に想像以上です。
断乳を意識しだした頃に助産院などの母乳外来を訪れておくと、おっぱいのケアを意識した断乳スケジュールを立てられますし、乳房が張りにくくなるためのケアを受けることができます。
また、正しいおっぱいケアも事前に聞くことができるので、一度受診をすることをオススメします。

断乳は、心を鬼にするものではない

もうすぐ断乳を迎えることを伝えておく

おっぱいはお子さんの精神安定剤です。
ある日急に失ってしまったらお子さんはとても不安になるでしょう。
そうならないように、断乳の1カ月くらい前から「もうすぐおっぱいとバイバイだよ」と根気強く語りかけておくと良いと思います。


娘の場合、最後のおっぱいタイムが終わるとき、これが最後であることを理解しているのかバイバイをしながらママから離れていきました。
その後「今までおっぱいたくさん飲めてえらかったね」「おっぱいとはこれでお別れだよ」と娘を膝の上にのせて語りかけている様子を動画に残しておきました。
おっぱいを欲しがって泣くこともありますが、その動画を見せるとすぐに諦めてくれて泣き止みます。
「おっぱいバイバイ動画」記念にもなってとても良いですよ。

親子で新しい楽しみを見つける共同作業

おっぱいタイムがなくなる分、これまで以上にお子さんとたくさん遊んであげましょう。
今までの大好きだったおっぱいタイムが別の楽しい時間に変わることが実感できたとき、
お子さんは状況を理解し乗り越えることができるのだと思います。
断乳という試練を乗り越えたころには、新しいお子さんとの心の絆ができているはずです。

最後に

いかがでしたでしょうか。
「断乳」と考えると大変なイメージがありますが、お子さんと楽しんで乗り越えられると良いなという願いを込めて書きました。
今後は断乳についての記事は、新たなトラブルが起こった場合や母乳外来にかかった日などに公開したいと思います。

SPONSORED LINK

まさかの発熱、断乳4日目

おしゃぶりをくわえて泣きじゃくる赤ちゃん

断乳4日目。
断乳最初の3日間を乗り越えたところで、娘が風邪を引いて発熱してしまいました……。
一難去ってまた一難。
こちらの記事では、我が家の断乳記録を記載していきます。

断乳4日目

朝:娘の発熱に気が付く

この日もママが一番に起床。乳房の張りも出てきていません。
8時前に娘が起きてきたら、なんだか身体が熱く感じて熱を測ったら38.6℃の発熱。
透明の鼻水も出ていて、くしゃみもたくさんしていました。
朝ごはんは、予め用意しておいたご飯と具沢山味噌汁はあまり食べなかったのですが、
パンとりんごを出したら喜んで食べてくれました。

川崎病の再発の可能性も考えられ、このまま断乳を続けて良いかも不安だったため、
入院していた病院の救急外来を受診することにしました。結果はただの風邪でしょう、とのことで様子を見ることになりました。
断乳については、娘が水分を十分に取れているうちは続けて良いそうです。ご飯も水分も摂れない状態が続く場合には、相談してくださいと言われました。

昼〜夕方:脇の下を冷やしてお昼寝

食欲はあり、お昼ご飯はひじきのおかゆをペロリと完食。
鼻水を抑える薬のみを飲ませ、元気もあるので解熱剤は利用しないことにしました。

※ 熱を下げるタイミングについて
手足を触ってみて冷たいうちはまだ熱が上がりきっていないので、解熱剤や冷却グッズは使ってはいけません。
そもそも熱が出るのは、熱に弱い風邪ウイルスを死滅させようと身体が頑張っているためで、熱を下手に下げてしまうとそれを邪魔することになり風が長引いてしまいます。
しかし、38.5℃以上の熱はウィルスを死滅させるのに必要はなく身体が辛いだけなので、
手足も熱くなってきて38.5℃以上の高熱が続く場合には熱を下げる必要があります。
高熱時には、首・脇の下・足の付け根などの太い血管が集まる部分を冷やすと良いそうです。
我が家では、脇の下用の冷却グッズを利用しています。

夜~夜中:寝かしつけはスムーズに。4時半までぐっすり

心配していた熱も、就寝前には37.6℃まで下がりました。
寝かしつけ時に少しおっぱいを欲しがりましたが、「おっぱいバイバイ動画」を見せたら諦めたようで夢の中へ。
ママは熱の具合も心配で何度か起きてしまいましたが、
娘は一度も起きることはなく、明け方4時半までぐっすり寝ていました。病院などで疲れていたのかもしれません。
昨日搾乳してもらったおかげで、ママの乳房が張ることもなくなりました。これで卒乳完了でしょうか。

母乳外来にお世話になった、断乳3日目

コップでお茶を飲む赤ちゃんの画像

断乳3日目になりました。
断乳で大変と言われる最初の3日間は、この日です終わり。頑張ります。
こちらの記事では、我が家の断乳記録を記載していきます。

断乳3日目

朝:母乳外来を受診することに

ママはまた痛み出した乳房に朝6時半には目覚めました。その後、7時半頃に娘が起きてきました。

乳房の張りはさらに酷いことに……。
もう何もしていなくても痛いです。寝ていても起き上がっていても、とにかく痛いです。
3日目には自分で一度全部絞り切ろうと思っていたのですが、自分でやるのは諦めて朝一番で近所の助産院に連絡したら、10時から診察を受けられることになりました。
溜まっていた母乳を全部出してもらったらすごくスッキリしました。今夜辺りからまた乳房が張ってくるそうなので不安です。
→母乳外来で教わった、断乳時のおっぱいケア
とりあえず、助産院で教わった通り保冷剤で冷やし続けています。

昼〜夕方:娘はパパとおばあちゃん家に

昨日のママの状態を見かねたパパが、娘を連れておばあちゃん家に遊びに行ってくれました。
ママは1人自宅に残り、のんびりと過ごします。
娘はおばあちゃんにたくさん遊んでもらって楽しんでいたそうです。

夜:寝かしつけはスムーズにできるようになったかも?

今日も寝かしつけはあっさりと、21時前に寝ました。
しかし、22時過ぎに起きてギャン泣き。しばらく泣き続けた後、ママのお布団の上に寝転んで寝始めました。
ママのおっぱいという精神安定剤がなくなって、ママの温もりを求めているのかなと感じました。

ママの乳房は、今のところ張りは出ていません。今日はパパと娘がいないうちにぬるめのシャワーを浴びておいたのでそのまま寝ます。

夜中:夜中2回ほど泣くも……

夜中は1時半頃と3時半頃にわーっと泣きましたが起き上がることはなく、10分くらいトントンしていたらまた寝ました。
一度も起きなかったことなんて初めてです。これで断乳完了でしょうか?なんだか寂しい気もします。

ママの乳房も張ることはなく乗り切れました。これからは、ママのおっぱいという精神安定剤を失った娘の、心のケアを意識していきたいと思います。