育勉セミナーバナー

ママ看護師の語る「抱っこ」の話

こんにちは。
子育てをしていると、お子さんを抱っこしている時間がとても長いですよね。

今回、近所の保育園の子育て支援ひろばにて、
保育園に務める看護師さん(二児のママ)による「抱っこの話」を聞く機会があったため、内容をまとめたいと思います。
続きを読む

(完成)ままごとキッチンの作り方【その3:水道編】

完成したままごとキッチンの水道を取り付けた様子

こんにちは。
前回の記事に引き続き、今回も手作りままごとキッチンについてです。
コンロを取り付けただけでも、ただのカラーバックスが急にままごとキッチンらしく見えてきました。
今回の記事では、手作りままごとキッチンの作り方【水道編】として、水道の制作過程を紹介します。
続きを読む

SPONSORED LINK

ままごとキッチンの作り方【その1:材料の下準備編】

材料から切り出したままごとキッチンのパーツ

こんにちは。
今回の記事は、手作りままごとキッチンの作り方【材料の下準備編】です。
私は自宅でのこぎりを使って木材のカットを行いましたが、
ホームセンターで木材を購入すればカットサービスをやっているところも多いため、そちらを利用することもオススメですよ。
続きを読む

【製作費1,000円】カラーボックスで作る、ままごとキッチンの作り方

ままごとキッチンの作り方

こんにちは。
もうすぐ1歳半になる娘は最近ままごとに興味を持ち始め、保育園の支援ひろばに連れていくといつも夢中で遊んでいます。
包丁セットなどのキッチン小物は100円ショップでも手軽に手に入りますが、支援ひろばにあるようなままごとキッチンはなかなか高価で手を出しにくいですよね。

悩んだ末に、カラーボックスを使ってままごとキッチンを手作りすることにしました。
自宅にあった使っていないカラーボックスを使ったため、製作費はわずか1,000円。不器用な私なりに工夫して頑張って作りましたので、制作過程を含めて紹介します。
続きを読む

SPONSORED LINK

川崎病、体験記(退院後~退院後一カ月検診)

こんにちは。
娘は、1歳3ヶ月の頃に川崎病と診断され、9日間入院をしました。
前回までの記事では、発症~入院中の様子をまとめましたが、今回の記事では退院後の様子をまとめたいと思います。

退院直後の娘の様子

娘が退院したのは、3月中旬。
入院した頃にはまだ少し肌寒かったのですが、退院をしてきたら暖かい春の陽気になっていました。
退院間際に引いてしまった風邪の症状も落ち着いていて、久しぶりの我が家にご機嫌の様子です。

この頃には、BCGの痕の赤みが引いて、少しかさつきが気になる程度に。(退院後2日目の様子)
image
手の皮も少し剥けているような気がしますが、、乾燥しやすい季節なのでそのせいかもしれません。
image
医師に保湿クリームを使っても良いと言われたので、退院後は毎日保湿を頑張っています。

退院後2日目に天気も良かったので久しぶりにお家の周りを散歩しました。
まだショッピングモールや保育園の支援ひろばに連れていく勇気は出ません。買い物の際も実母に預けたりしています。
室内遊びを中心に、暖かい日は公園などに連れて行ってあげたいと思います。

退院後3日目、退院後初の検診に

娘を退院後初診に連れていきました。
この日は検査等は行わず、顔色やリンパ節・手足・BCG痕の様子を確認してもらいました。
問診では、退院後の生活で困っている点はないか聞かれました。
手の皮が剥けた点については、乾燥のせいでしょうと言われてしまいました。

予防接種について

川崎病にかかると、アスピリンの服用をすることになるケースがほとんどです。
娘の場合、退院後3カ月間、朝食後にアスピリンの服用をすることになっています。
このアスピリンを飲ませている間~停止後3カ月は、生ワクチンによる予防接種(麻しん・風しん、水疱瘡、おたふくかぜなど)が受けられません。
また、アスピリンを飲ませていると麻しん・風しん、水疱瘡、おたふくかぜなどに効く薬を服用することができないため、これらへの感染が疑われるときにはすぐに病院を受診するように言われました。
非活性ワクチンの予防接種については、特に制限はなく、いつ受けても良いそうです。

退院後1カ月検診の様子

退院後約2週間が経った3月下旬ごろになると、BCGの痕のかさつきはほぼ気にならない状態になり、今度は手足の皮が少し剥けてきました。
image
image
娘は、あまり腫れが酷くなかったため、皮の剥がれ方もあまり目立たない程度で済みました。

その後、退院から1カ月が経った4月中旬に、退院後1カ月検診に行ってきました。
この日の検診では、レントゲン・心臓のエコー・心電図の検査・問診と盛りだくさんの予定です。
病院に向かう車の中でお昼寝をしてしまった娘を、エコー検査のために再度寝かせるのは大変な作業だったのですが、その点については省略します。
検査結果は全て異常なしでした。

次の検診は退院後3カ月検診となりました。
次回からは、レントゲンの検査は行わないとのことなので少し楽になるかな?
異常が確認されなければ、アスピリンの服用は終了となります。
娘は薬を飲むのをあまり嫌がらないので助かっています。

ちなみに退院後2週間を過ぎた辺りから、買い物に娘を連れて行くようになりました。
退院後1カ月検診が終わった頃に久しぶりに保育園の支援ひろばに連れて行ってあげたら、他の子どもたちと遊べることがすごく嬉しかったようで目が輝いていました。
引き続き、経過を見守っていきたいです。

子どもの入院生活で、あったら便利なモノ

こんにちは。
お子さんが入院生活を送ることになったとき、何を持っていったら良いか悩みますよね。
子どもは入院というものを頭で理解できないので、慣れない病院での生活に対して大変なストレスを感じることと思います。

私は「子どもの入院」には大人の入院とは違った独特の必需品があると感じました。
こちらの記事では、病院から配られる持ち物リストには載っていない(かもしれない)、お子さんの入院生活に持って行くべきモノをリスト形式で紹介します。

子どもの入院生活、あったら便利なモノ

お気に入りのおもちゃ

お子さんが普段家で使っているお気に入りのおもちゃはもちろんですが、
入院から3日ぐらいが経って入院生活に飽きだした頃に、お子さんが好きそうなおもちゃを新しく買ってあげるととても喜ぶと思います。
持っていくおもちゃについては、お気に入りのぬいぐるみ等を一つと、繰り返し遊べて音があまり出ないおもちゃをいくつか持っていくのがお勧めです。

  • ぬいぐるみ・パペット
  • お絵かき・折り紙
  • パズル
  • 紐通し

積み木などは落とした時に大きな音がしますし片付けも大変なので、プレイルームにおいてあるものを利用して遊ばせていました。

ポータブル DVDプレイヤー

娘は医師や看護師を怖がって、回診やバイタルチェックの度に泣いて暴れてしまいました。
そのため、いつもポータブルDVDプレイヤーで「いないいないばぁ」のDVDを見せてあげて気持ちを逸らせながら検査を受けていました。
高価なイメージですが、一万円以内で購入できます。
風邪や感染症の症状があるうちはベッドから離れてプレイルームなどに遊びに行くことができないので、退屈しのぎにあると便利だと思います。
音声が流れるものですので、他の入院患者様の迷惑とならないように利用しましょう。

小さなトートバッグ

まだ点滴が外れていないころ、娘を抱っこして点滴棒を押しながら病棟内を歩こうとするとそれだけで両手がふさがってしまいます。
お子さん用の水筒やガーゼ・タオルなどを持ち運ぶように、小さなトートバックは必需品です。
プレイルームで遊んでいる時に医師から検査結果の紙などを受け取ることも多かったので、それを入れておくのにも便利だと思います。

紐付き洗濯バサミやS字フック

ご飯を食べさせるときにビニール製のエプロンを付けているのですが、そちらを洗って干すのにすごく不便だったのを覚えています。
タオル掛けに紐付き洗濯バサミを付けて、水気をタオルで拭き取ったエプロンを干していました。
S字フックは前述のトートバッグをかけておくのに利用すると、サッとお出かけできて便利です。

入院生活に備えておく

娘の入院生活は、突然のものでした。
病院に連れて行ってその場で入院が決まったため、入院道具を事前に準備することはできませんでした。
ママは娘に付き添うことになったのでパパ一人で入院道具の準備をしなくてはならず、「○○はどこ~?」というやり取りを何十回も重ねました。(我が家が散らかっているのが悪いのですが……。)
そうならないためにも、お子さまやママのお泊りセットは普段から一箇所にまとめておくと良いと思います。それがそのまま、防災への備えにもなりますよ。