【1歳児でもできた?】1歳児に本物のホウキを持たせてみたら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
娘がほうきて床をはいている様子

こんにちは。

先日、モンテッソーリ関連の書籍を読んでから、
娘が「自分のことは、自分でできるようになる」ことを意識するようになりました。
今回の記事は、その取り組むのひとつとして始めた「ホウキを使ってのお掃除」についてまとめました。

これまでは「娘にはまだできないから」と、
お片付けや着替え、お出かけの準備などで、すぐに手を出してしまっていましたが、
最近はなるべく娘に声をかけながら一緒に取り組んだり、
娘が自分でやりたそうにしているときは、時間をかけて見守るようにしています。

どうして「ホウキを使ってのお掃除」を始めようかと思ったかというと、
娘は片付けができず、おもちゃを出しっぱなしにしてしまうことが多いからです。
基本的に、お出かけやご飯の前に私が一人で片付けをしている状態で、
最後に娘が使っているおもちゃを取り上げようとすると癇癪を起こしてしまうこともしばしば。
どうしたら喜んで片付けをしてくれるかな~と考え始めたのが始まりでした。

でも、片付けは毎日何度もやることなのでモノで釣るのは何だか違うし、、
と悩んでいて、思いついたのが「ホウキを使ってのお掃除」でした。

image

子供用の小さいホウキを探そうかとも思ったのですが、
娘は最近、なんでも大人と同じがいい!と言うので、
100均で大人用のホウキとちり取りを買ってきて使わせています。
(のハズが、ママ用のホウキを奪い取られて交代して使っていることの方が多いです 笑)

始めはホウキで床をバシバシ叩いたり、
ママが集めたゴミを踏んづけて笑ってたり、
ちっとも掃除をする気配はなかったのですが、

毎日何度もホウキを渡していたら、ママの邪魔をせずにホウキを持ってついてきたり、
ホウキで床をはく真似を楽しそうにしていることが出てきました。
今はホウキが楽しみの一つのようで、
ママが夕飯を作っている間にも一人でホウキを取り出してお掃除の真似っこをしています。

image

そのおかげで、ホウキを見せればそちらに興味が移るので、
おもちゃを取り上げようとしたときの癇癪を起こすことは少なくなりました。

また、掃除機は重いしなんだか面倒で、
ついサボって部屋が汚なくなってしまうこともあったのですが、、
毎日何度もホウキで床を掃除していると、
掃除機はたまにかけるだけでも部屋がきれいな状態が維持できて気持ちが良いです。

ホウキで一人で掃除ができるようになるのはおそらくずっと先ですが。。。
ママの悩み2つが軽減されたので、よかったな~と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*