川崎病に1億7千万円寄付した女性に感激

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
聴診器

こんばんは。
今回の記事は、川崎病の娘を抱える母としては見過ごせないニュースを紹介いたします。

なんと、神奈川県横須賀市の女性実業家が、
「自分が死んだら、全財産を最も有効な活用先に寄付したい」と、
川崎病研究に1億7千万円もの遺産を寄付してくださったそうです。

川崎病は発見から50年が経ちますが、未だに原因は分かっていません。
また、今もっとも有効な治療法として確立しているγグロブリン投与については、
「確かに効果があることは分かっているが、どうして効果が得られるのかはまだ判明していない」という状態だそうです。
冷静に考えると、すごく怖いですよね。

その一方で、患者は年々増え続けており、2013、14年とも約1万6000人の子どもが発病し、患者総数は33万人にまで達しています。
1日も早く川崎病の原因が見つかり、治療や予防・再発防止に役立てられることを切に願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*