川崎病で入院。実際にかかった入院費用。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
点滴の様子

こんばんは。
当ブログには「川崎病」という検索キーワードにて、多くの方が訪れてくださっています。それだけ川崎病を患うお子さんが多いということだと思うので、あまり喜ばしいことではないのですが……。

娘のリアルな体験記が少しでも誰かの役に立てば嬉しく思います。
今回の記事では、娘の入院で実際にかかった「川崎病の入院費」について紹介したいと思います。

■ 川崎病についての記事まとめ

川崎病の入院費

娘は川崎病で9日間入院をしました。
川崎病の治療では、血液製剤のγグロブリンの投与、アスピリンの服薬をします。
また、心臓などに後遺症が残る可能性のある病気のため、
何日かおきの心臓のエコー/心電図などの検査を受け、
毎日何度も看護師さんによるバイタルチェック(体温の計測・血圧・症状の確認)などがありました。

≪川崎病の入院費≫

  • 初再診料 :6,270円
  • 医学管理等 :3,250円
  • 投薬・処方箋料 :100円
  • 麻酔 :2,050円
  • 包括診療金額 :543,140円
  • 入院費 :261,880円
  • (自費分)付添寝具 :2,700円

合計)819,390円
※ 大部屋に入院をしていたため、差額ベッド代等は含んでおりません。

なんと、約82万円もの治療費がかかっていたそうです!
(当時はしっかりと確認する余裕がなかったため、記事を執筆していてビックリしました)
我が家は「協会けんぽ」に加入しているため、3割負担にしたとしても約24万円です。

乳幼児医療費助成制度を利用すると

私の住んでいる地域では、乳幼児医療費助成制度というものがあります。
その制度を利用すると、自己負担額は≪通院は1回500円/入院は1日500円≫で済みます。
※ 食事代、病衣、差額ベッド代などは自己負担です。

その制度を利用した後の金額はガラリと変わります。

  • 入院費 :4,500円
  • 食事療養費 :5,720円
  • (自費分)付添寝具 :2,700円(+税)

合計)13,130円

ということで、我が家で実際に支払った額は、約1万3千円でした。
(乳幼児医療費助成制度の内容については、お住いの地域によって差がありますので、そちらをご確認ください)
乳幼児医療費助成制度……、本当に有り難い制度ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
退院時、医療費がいくらになるのか、正直ビクビクしていました。
実際に経験して分かったことは、川崎病の治療費は全額保険適用となり、乳幼児医療費助成制度の対象となるということです。
そのため、入院費に不安を感じる場合には、お住いの地域の乳幼児医療費助成制度の内容を確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*