【製作費1,000円】カラーボックスで作る、ままごとキッチンの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カラーボックスで作るままごとキッチンの作り方

こんにちは。
もうすぐ1歳半になる娘は最近ままごとに興味を持ち始め、保育園の支援ひろばに連れていくといつも夢中で遊んでいます。
包丁セットなどのキッチン小物は100円ショップでも手軽に手に入りますが、支援ひろばにあるようなままごとキッチンはなかなか高価で手を出しにくいですよね。

悩んだ末に、カラーボックスを使ってままごとキッチンを手作りすることにしました。
自宅にあった使っていないカラーボックスを使ったため、製作費はわずか1,000円。不器用な私なりに工夫して頑張って作りましたので、制作過程を含めて紹介します。

手作りのキッチンでお子さんと一緒におままごとを楽しみませんか。

完成したままごとキッチンはこちら

image
手作り感たっぷりのままごとキッチンに仕上がりました。
水道のつまみやコンロの取っ手はちゃんと回ります。
コンパクトで場所を取らず、カラーボックス部分に収納も出来るので満足しています。
娘も気に入ってくれたようで、毎日たくさん遊んでいます。

準備するもの

材料

image

  • カラーボックス ※自宅にあったものを使用
  • 木材(コンロ用):450×87×11mm 98円
  • 木材(水道用):450×27×27mm 162円
  • 【セリア購入】木製めん棒 108円
  • 【セリア購入】ステンレストレー 108円
  • 【ダイソー購入】MDF材6枚組 100×100×6mm 108円
  • さら木ねじ 3.1×25mm 103円
  • ワッシャー 4×10mm(5枚) 25円

===
小計)712円

工具など

  • のこぎり
  • 電動ドリルドライバー
  • 半田ごて ※なくても可
  • 紙やすり
  • 【ダイソー購入】強力両面テープ 108円
  • 【ダイソー購入】木工用ボンド 108円

===
小計)216円
計)928円

カラーボックス/工具類は自宅にあったものを使用しましたが、
ままごとキッチン作成のために追加で購入したものは1000円以下で済みました。
カラーボックスについては私は2段のものを使用しましたが、3段のものを使用した場合には調理スペースが広く取れて良いと思います。

カラーボックスも購入しても、2500円以内で仕上がりますね!

制作過程は別の記事にて



本当にシンプルな出来上がりで、
使用する工具も少ないのでどなたでも真似できるままごとキッチンになっていると思います。
また、各パーツは超強力の両面テープで固定しているだけなので、
お子さんがままごとに飽きた場合には剥がして普通のカラーボックスとしてお使いいただけます。
是非、いろいろなアレンジを加えながら、お子さん好みのままごとキッチンを作ってあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*