MacBookAir

当ブログは、WordPressを用いて作成しています。
カスタマイズした部分について、備忘用として作業メモに残していきます。
同じ状況でお悩みの方のお役に立てれば嬉しいです。

Google アナリティクスで自分自身のアクセスを除外する

アクセス解析ツールとしてGoogle アナリティクスを導入しました。
そのままでは自分自身のアクセスも記録されてしまいます。
サイト開設直後はデザインの調整などで自分でアクセスする回数も多いので(というか、それがほとんどなので 汗)、
自分のアクセスをカウントされないように調整をする必要があります。

方法はいろいろありますが、私はWordPressにすでに用意されているis_user_logged_in関数を使う方法を使用しました。
is_user_logged_inでは、WordPressにログインしているかどうかで処理を分岐します。
この場合、is_user_logged_inを否定(!)をしているので、
ログインしていない場合のみアナリティクスのトラッキングコードを表示→記録することになります。

<?php if( !is_user_logged_in() ) : ?>
<!--アナリティクスのトラッキングコード-->
<?php endif; ?>

≪メリット≫

  • WordPressを利用している方なら、if文を一つ追加するだけですぐに利用できます
  • Google アナリティクス側、ブラウザ側でややこしい設定は一切不要です
  • 基本的にサイトの更新作業はWordPressにログインして行うため、十分だと思います
  • パソコンからでもスマホからでも、WordPressにログインしさえすれば記録されません

≪デメリット≫

  • 当然ですが、ログインし忘れたら記録されてしまいます
  • 記録されたくないからとログイン状態のみで確認作業を行うと、一般の訪問者の実際の表示とは異なる可能性があります
  • WordPressにログインするブラウザと最終確認をするブラウザを分ける癖をつけ、一度はログインをしていない状態でチェックすることをお勧めします