家計簿

【夫婦+子ども1人】我が家の貯蓄額

こんにちは。
昨日は我が家のとある月の家計簿を公開しましたが、
今回の記事では我が家の現在の貯蓄額についてまとめたいと思います。

我が家の貯蓄額

現金/預金

普通預金

・夫名義 約85万円
・妻名義 約245万円
・娘名義 約3万円(お祝い金など → 将来娘に渡すために)
===
小計)約330万円

定期預金

・妻名義 約200万円
===
小計)約200万円

証券(現在勉強中で、試しに購入したもの)

・株式 約17万円
・投資信託 約8万円
===
小計)約25万円

その他

・子供資金 約18万円(児童手当など → 教育資金として)
===
小計)約18万円
計)約573万円

我が家の負債額

奨学金返済

・妻名義 約200万円
===
計)約200万円

我が家の総資産

約573万円 - 約200万円 = 約373万円

補足コメント

正直、結婚してからほとんど増えていません……。
夫は独身時代に、ほとんど貯金がありませんでした。
妻名義の預金額はほとんどは、奨学金返済のために学生時代~独身時代に少しずつ貯めておいたものです。
一応、奨学金は一括で返せるぐらいの預金はあるのですが、
無利子で借りているので、他のところから借りるよりは良いかなと思い、そのままにしています。

マイホーム・自動車購入費用・教育資金……。
目的を決めて、計画的に貯めていかなくてはならないですね。

まとめ

お金がない!と言い訳をするのではなく、
しっかりと計画を立てて貯めて、効果的に殖やす、ことができるように。
少しずつお金との付き合い方を勉強していきたいです。
その様子もブログ上で紹介していけたらなと思っています。

恥ずかしながら……、我が家の家計簿を公開します

こんにちは。
他の家庭の家計簿って、すごく気になりますよね。
でも、まさか「見せてください!」なんて言えないものです。
今回の記事では我が家の貧乏家計簿を公開します。

とある月の家計簿

収入の部

  • パパ給与(正社員) :195,000円(通勤手当含む)
  • ママ給与(在宅アルバイト) :30,000円

===
収入計)225,000円

支出の部

固定費

  • 家賃 :54,000円
  • 生命保険 :4,000円
  • 医療保険(パパ) :3,000円
  • 医療保険(ママ) :3,000円
  • 学資保険 :10,000円
  • 自動車保険 :7,000円
  • 定期代 :13,000円
  • 小遣い(パパ) :12,000円
  • 奨学金返済 :13,600円

===
小計)119,600円

変動費(生活費)

  • 食費・日用品費・子ども費など :45,000円
  • 医療費 :7,000円
  • ガソリン代 :3,000円
  • 予備費 :3,000円

===
小計)58,000円

変動費(光熱費・通信費)

  • 水道 :3,000円
  • 電気 :5,000円
  • ガス :10,000円
  • スマホ(2台)・インターネット :20,000円

===
小計)38,000円
支出計)215,600円

ザックリとこんな感じです。

補足コメント

  • 収入は、パパの残業代などで多少上下します。
    私が在宅アルバイトを始めるまでは毎月赤字家計でしたが、今はほとんど収入=支出な感じです(汗
  • 児童手当はないものとして生活し、全額を娘用の口座に貯金しています
  • レジャー費がかかったり、娘用の衣類やおもちゃなどを買ったりすると、途端に予算オーバーです。。

あまり良くない状態ということは分かってはいるのですが……、
我が家では、給与振込口座・引落口座・貯蓄用口座が全て一緒になってしまっています。

給与振込口座から毎月《生活費+パパお小遣い+定期代》として83,000円を引き出し、
そこから、固定費や光熱費・通信費が引き落とされ、
残った額が貯蓄となるイメージです(残らなかった場合には貯蓄が減ります)。
税金や車検代などの必ず掛ってくる費用すら、積み立てることができず賞与から支払っています。

特に意識することなく、自然と生活費を貯蓄から補ってしまっているため、節約意識も弱くなっているのだと反省をしています。
お金がないからこそ、もっとお金が貯まる仕組み作りをしないといけないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今のご時世、我が家のようなカツカツな家計簿もそう珍しくないんだろうな~と思っています。
しかし、老後のこと・娘のことを考えると、このままではマズイ!という危機意識があります。
これから、ブログ上で我が家の家計改善の様子を紹介していけたらなと思っています。