暮らし・家計

【大満足!】Softbank → UQ mobileに乗り換えてスマホ代が1,980円に!

UQモバイルに乗り換えレビューのタイトル画像

こんにちは。
突然ですが、スマホ代って高いですよね。
スマホ代が節約できると聞き、前々から興味を持っていた「格安SIM」。

6月にMNP(ナンバーポータビリティ)を利用して
Softbank → 格安スマホ「UQ mobile」に乗り換えました。
その結果、毎月8,000円近くかかっていたスマホ代を月額1,980円に節約することができました!

今回の記事では、私がUQ mobileに乗り換えようと決意した理由と、
約2カ月使ってみての感想などを紹介いたします。
続きを読む

【受けすぎは危険!?】かしこい「がん検診」の受け方

病院で受ける検査のイメージ画像

こんにちは。
日本人の半分がかかると言われている「がん」。
最近では小林麻央さんが進行性の乳がんを公表されて話題になりました。

今回の記事では、2016年08月17日放送「オリエンタルラジオの夏休み”自由研究”」の中で、
中田敦彦さんががん検診についてプレゼンされていた内容をレビューします。
続きを読む

ワンコインのスキル・マーケット【ココナラ】

MacBookAir

ココナラというサービスをご存知でしょうか?
実は、当ブログのプロフィール画像もココナラを利用して描いてもらいました。

ココナラの中には、ママにとっても嬉しいサービスがいっぱいです。
今回の記事では、ココナラについてまとめたいと思います。

ココナラとは?

ココナラは、みんなの「得意(経験・知識・スキル)」を売り買いできるオンラインマーケットです。
占いができる人、似顔絵が得意な人、人生相談やカウンセリングの専門家など、それぞれが自分のできることをサービスとして出品しています。

ココナラの特徴

  1. 気軽に使える、ワンコイン
    → サービスは500円から。なかには【お試し無料】で出品されている商品も
  2. 安心・安全
    → 決済や売上の受け取りは、サイトが仲介するので安心です。万が一トラブルが起きてしまった場合も、お問合せ窓口が用意されています
  3. 匿名可
    → サービスのやり取りは全て1対1の非公開。匿名でも利用できます

※【お試し無料】とは?
出品者が料金を設定して出品する前に、やり取りの経験を積むためサービスを無料で出品しているケースがあります。

扱うサービスの例

ここでは、ココナラに実際に掲載されている、ママにとって嬉しいサービスの一例を紹介します。

  • 「占い」で持って生まれた子供の性格(才能や興味の方向性)を知り、個性を活かした子育てをしましょう。
  • 乳幼児の子育てでお悩みの方へ!0歳と3歳の二児の母であり、元看護師、現役保健師がお悩みお聞きします!
  • イヤイヤ期の子どもにイライラしてしまうママへ、子どもと話あう子育て法、教えます。
  • 赤ちゃん・お子さんをかわいいイラストに♡

日々も生活に役立つものから、記念に残るものまで、
とても素敵なサービスがいっぱいで、とてもワクワクしてしまいますよ。
対企業ではないため、出品者自身も子育てを経験したママの場合も多く、ママの気持ちが分かっているからこそ温かいサービスを受けられる点もオススメです。
“サービスを探す”から、是非一度検索をしてみてください。

紹介コードの入力で300ポイントをプレゼント♪

ココナラに興味を持っていただけましたでしょうか?
コチラの紹介コードを入力いただくと、サービス購入時に使える300円分のポイントを獲得できますので、よろしければご利用ください。

  >>会員登録はコチラから<<
  >> 紹介コード: vcnrb <<

ちょっとの違いで大違い?かさばるオムツをスッキリと

おむつをすっきりと収納する方法

赤ちゃん育児に欠かすことができないオムツ。
我が家ではパンパースの紙おむつを利用しています。

メーカーの袋に記載されている通りに袋を開封すると、
袋の中でオムツがごちゃごちゃしてなんだか不便で見た目も悪いです。
だからと言って、少しずつ別の容器に移すのもなんだか面倒臭い。
そんな私がひらめいた、オムツをスッキリと収納する方法です。

オムツ袋の開け方を少し変えるだけ!

おむつをすっきりと収納する手順
やり方は簡単です。
画像で伝わりますでしょうか?
中のオムツを左右に分けて、真ん中をハサミでカットするだけです。
こうするだけで、オムツを立ててスッキリと収納できちゃいます。
メーカーやオムツのサイズによるかもしれませんが、カラーボックス収納にピッタリと収まります。

取り出しやすく、残量も分かりやすい

我が家も一時期は、部屋をスッキリと見せたくてオムツを少しずつ別の入れ物に移していたんです。
でも、サイズアップしたらその入れ物に入らなくなってしまって、それからはオムツ袋をそのままカラーボックス収納の中に入れてその中から都度取り出していました。

袋の残り枚数が少なくなってくるとオムツ袋がぐちゃぐちゃになってきて取り出しにくくなりますし、
残り枚数が分かりにくいのでうっかり切らしてしまったことも……。

この方法に変えてからは、オムツを上からサッと取り出せますし、
半分を使い切ったらオムツを買いに行く、という形でペースも掴みやすくなりました。

まとめ

今回はちょっとした紹介記事ですみません……。
我が家ではパンパースの袋のみですが、他のメーカーのオムツでも使える方法だと思います。
本当に簡単な方法なので、よろしければ一度試してみてください。

防災片付け危険度チェック

熊本地震から今日で一週間が経ちました。
震災で被害を受けた皆様に、心からお見舞いを申し上げます。
本日は生憎の悪天候で、不安な状態を過ごされていることと思います。
これ以上被害が拡大しないよう、願っております。

先日、片付け講座に参加してきました。
その中で「防災片付け危険度チェック」が紹介されました。

防災片付け危険度チェック

今から挙げる項目に「はい」か「いいえ」で回答をしてください。

  1. 玄関の外周りに不用品やモノが置いてある
  2. 玄関に履かない靴や荷物が置きっぱなしになっている
  3. 床に直置きの箱やモノがある
  4. 部屋の出入口付近や廊下・階段にダンボール箱に入ったモノや家具類がある
  5. 家具の上にガラス製品やテレビなど、落下すると危険なモノを置いている
  6. 寝室・幼児・高齢者のいる部屋に家具がある
  7. 火気の周辺に家具を置いている
  8. 重いモノを高いところに収納している
  9. 窓の周りに、壊れやすいモノを置いている

「はい」がいくつ以下なら安全、という訳ではなく、
これらの事柄は一つでも当てはまった場合、いざ地震が起こった時に大変危険です。
落下して下敷きになったり逃げ道を阻んだりする可能性があります。

まとめ

地震はいつ起きるか分かりません。
私が住んでいる静岡県では、東海地震がいつくるか?とよく話題に挙がります。
非常用持ち出し袋や防災備蓄品を準備することはもちろんですが、家の中の防災対策も進めていかなければならないと改めて感じました。

絵本を無料で手に入れる方法

図書館

子どもの情緒を育てるために、子育てに絵本の読み聞かせを取り入れているママは多いと思います。
子どもの世界を広げるためにも、いろいろな絵本を読んであげたいですよね。
そんな絵本を、誰でも無料で手に入れられる方法があります。

その方法は、ずばり、図書館で借りることです。
なんだ、そんな方法か…、とガッカリしたあなた。
図書館は利用方法次第でもっと便利になるんです。

インターネット予約を活用しよう

子どもを連れて図書館に行くと、正直、本を選ぶ余裕なんてありません。
また、読みたいと思っている本があっても見つけ出すなんて不可能です。

最近は、インターネット予約を受け付けている図書館が増えてきました。
≪インターネット予約を利用するメリット≫

  • 窓口で受け取れるので、自分で探す手間が省ける
  • 最寄りの図書館になくても取り寄せてくれる
  • 人気の本でも順番が来たら借りられる

特に、子連れママにとっては、探していた本を窓口で受け取れることが一番うれしいところです。

ワタシ流、図書館活用術!

私は普段から、図書館へ出かける前にはインターネット予約を活用するようにしています。
まず、インターネット上でおすすめの絵本をチェックして、読みたい絵本を予約します。
絵本ナビなどのサイトをチェックすると、いろいろな絵本のレビューがチェックできます。
そして、図書館からメール等で準備完了の連絡が来たら、お散歩がてら取りに行きます。

図書館に到着したら娘は館内を歩きたがるので、しばらくは娘と一緒に絵本コーナー巡り♪
このとき、娘が興味を持った絵本を数冊手に取り、
娘が満足したら貸出窓口に行って、予約していた絵本と一緒に借りて帰ります。
こうすれば娘が読みたい本と、私が読ませたい本が一緒に借りられます。

これまでは娘を連れて図書館に行くと娘を追いかけまわしながら絵本を選んでとても疲れたのですが、この方法で図書館を利用するようになってからは図書館がとても楽しめるようになりました。

実は、CDやDVDまで借りられる!

全ての図書館ではないのかもしれませんが……、
私の家の近所の図書館ではCDなどの貸し出しも行っています。
ジャンルも幅広くJ-POPから洋楽、クラッシック、童謡まで扱っています。
よくよく探してみると、娘が大好きなEテレの「いないいないばぁ」や「おかあさんといっしょ」のCDまでありました。
娘は音楽が大好きなので、私が家事をしている間などには借りてきたCDを流しているとご機嫌です。
是非、お近くの図書館もチェックしてみてくださいね。

借りたい絵本がなかったときは、リクエストもできる

実は、図書館にはリクエストボックスがあって、借りたい本やCDなどをリクエストすることもできます。
もちろん、図書館側で購入するかは判断をするので必ず手に入れられるとは限りませんが私も何度かリクエストを投函したことがあります。

絵本が本当に無料でもらえちゃうことも……

図書館では定期的に、貯蔵期間を過ぎた書籍をリサイクル本として無料配布しています。
私は図書館に足を運んだらまずはリサイクルコーナーをチェックし、欲しい絵本があったら持ち帰っています。
ママが絵本を選んで購入するとどうしてもジャンルが偏りがちになるので、自分では買わないような絵本が手に入っていいですよ。

マイ・ルールを作って、楽しく図書館を活用しよう

絵本はいろいろあってそれぞれ内容が違うので、買い揃えようとしたらキリがありません。
なので私は、絵本は必ず購入する前に一度図書館で借りてきて、娘の反応を見るようにしています。
一度借りて読んで娘が気に入ると、次回図書館に行ったときに自然とその絵本に娘が手を伸ばしていることも。
そして、同じ絵本を何度も借りることになったら、その絵本は娘にとって必要な絵本なので購入をします。

図書館で絵本を借りると、モノを大事にすることも学習できますし、
「図書館の中では静かに」「ここでは走っちゃダメ」などのしつけにもなると思っています。
ショッピングモールに行った時って娘が欲しがっても買ってあげられないことって多いですよね。
でも、図書館なら(無料なので)どんなものでも娘が興味を持ったら借りてあげられるのです。
だから私は娘と図書館を歩くのが好きです。娘にも図書館大好きな子供に育ってほしいなと思います。